クイックアシスト


電話でパソコンの質問を受けたときに便利

家族から電話でパソコンの相談受けることありますよね。

画面が見えない状態であれこれやり取り。ストレス溜まりますよね。

直接、画面見ればすぐ終わるのに~!

そんな時に「クイックアシスト」が役に立ちます。

※教える側にマイクロソフトアカウントが必要です

使い方

  1. Windowsアクセサリの中から「クイックアシスト」を起動する
  2. 電話先の相手にも「クイックアシスト」を起動させる(これが一番難しいかも)
  3. 教える側が「支援を提供する」をクリック
  4. マイクロソフトアカウントでログインする
  5. 電話先の相手に「支援を受ける」をクリックさせる
  6. 教える側に6桁のセキュリティコードが表示されるので、電話先の相手に教えてコードを入力させる
  7. 相手先にこちらの名前が表示されるので、許可をクリックしてもらう
  8. 相手画面が表示されるので、操作する
  9. 終わったら画面を閉じて終了

応用

「リモートデスクトップ」の代わりとして使えます。

毎回コードを打つのは面倒なのと相手側も操作が必要ですが、

Windows10 Homeでも使えるので、ちょっと使うには便利です。

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です