osclassの構成


osclassはMVCモデルで設計されています。
私の理解の範囲で簡単に解説。間違ってたらごめんなさい。

MVCって何?

アプリやシステムの設計モデルの一種です。
MVC は Model View Controller の略でこの3つのオブジェクトに分割して設計を行います。

Modelって何?

データ構造を管理するオブジェクトです。
WebアプリではDatabaseとのやりとりが主体となります。

Viewって何?

UIを管理するオブジェクトです。
Webアプリでは入力form や 表示用のテンプレートですね。

Controllerって何?

ロジックを管理するオブジェクトです。
色々な考え方がありますが、私の場合はModelとViewの間を橋渡しする一番泥臭いオブジェクトになります。
Webアプリではリクエストを解析して、Modelから必要なデータを受け取って、Viewに表示データを渡す役目を行います。

なんでそんなことを理解しておく必要があるの?

osclassのフォルダ構成や関数名、pluginの解析に役立ちます。
また、ModelとViewを分離しておくと、オブジェクトの再利用性も高まりますし、
複数人で作業するときの仕事の分担もしやすくなります。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です